5月5日は端午の節句。こどもの日です。




フルーツを食べて元気に健やかに

   

     


トップページへ          歳時記のページへ


    

戦後、新しい時代には新しい祝日をということで「こどもの日」として5月5日を祝日とすることになりました

●端午の節句の由来
端午の節句は、おおもとは平安時代から
 
端午の節句の起原は、古代中国に遡ります。古来より中国では、物忌みの月(5月)には厄払いの行事が盛んに行われていました。端午の「端」は文字通 り「はじ/最初」の意味で、「午」は「うま」つまり端午とは、五月の最初の午の日に行われると言う意味です。最初は必ずしも五月五日ではなかったようで、午と五のゴロが同じことからこの行事は、やがて5が重なる重五の日、つまり5月5日に大切な厄払いの日として定着します。日本でも奈良・平安時代には五つの節句(人日・上巳・端午・七夕・重陽)が取り入れられ、当時五節句は貴族の間では、それぞれ季節の節目の身のけがれを祓う大切な行事として、よもぎ・菖蒲などの薬草を摘みに野に出て、その薬草を臣下に配ったり、悪鬼を退治する為に午から弓矢を射たりしたそうです。(流鏑馬の原型ですね)その中の一つ「端午(たんご)の節句」が後に「子供の日」となります。上巳が女の子の節句、端午が男の子の節句(厄祓いとこどもの成長を願う)は江戸時代頃からの風習のようです。
上巳が女の子の節句と考えられるようになったのは、雛遊びと結びついて人形は女の子の遊び道具と考えられたことから、また端午が男の子の節句と考えられるようになったのは、菖蒲の季節なので菖蒲が勝負と語呂合わせされて男の子が将来立派な武士になるようにとされたからです。
「端午」とは本来は五月の午の日のことです。五月が十二支でいうと午の月なので、5月の午の日には午が重なって端午というわけですが、後世には「午」ではなく「五」が重なる、いわば端五の日の5月5日を端午の節句として祝うようになりました。

端午の節句は、身のけがれを祓う災厄除けの行事です。
 
端午の節句は、男の子の厄除けと健康祈願のお祝いとしての行事が、庶民の間にも定着して行ったお祝いです。ですから単なるお祭りではなく、お七夜やお宮参りと同じく男の赤ちゃんのたくましい成長を願う行事、いうなれば鎧兜や五月人形や鯉のぼりは、赤ちゃんに降りかかろうとする災厄や魔物を除けてくれる魔除けであり、災厄除けの守り神のようなもの。気持ちの問題ですが、省略せずにきちんとお祝いしてあげてください。 それに草萌える季節、清々しく空晴れ渡る子供の日のお祝いというのは、子供達にとって、とっても楽しいもの。初節句だけでなく、お祝いしてあげてほしいものです。■